Pocket

コンブチャを飲むと腸内環境が改善されますので、お腹の調子、特に便秘ぎみであるhospital2128_128とかの悩みなどは、比較的早く解決します。しかし、薬を使って便秘を治すのと比較をするとコンブチャでの便秘改善効果というのは遅くなります。しかし、薬に頼ってばかりですとより便秘になる可能性もあるのです。

コンブチャで便秘が治るメカニズム

コンブチャで便秘が治るメカニズムですが、コンブチャに含まれている乳酸菌という善玉菌の影響が大きくなります。

不摂生やストレスにさらされていますと、腸内の悪玉菌が元気に活動をします。その結果、善玉菌の力が弱くなり、腸内環境が悪化していくのです。腸内環境が悪化すれば、代表的なところで便秘になるのです。」

また、免疫力の低下というのもあります。また、体内に便が残り続けると便が醗酵してその毒素が体中を巡り、肌荒れや吹出物の原因になります。

コンブチャは、モンゴル発祥の発酵ドリンクなので、体に有効な善玉菌が多く含まれており、飲み続けることで悪玉菌有利の状態から善玉菌有利の状態になり、腸内環境が改善していきスムーズに便が出るようになります。

薬で便秘を治す場合

薬で便秘を治すときは、薬の効果で腸を無理やり働かせて便を排出させるのです。本来は自然に起こる現象を薬の刺激によって無理やり起こして便を出します。

頻繁にこの方法を利用していると次第に腸が刺激になれてしまうので、多く薬を飲んでも全く反応しなくなり、薬を飲まなければうんちが出来ないということになります。

しかも、薬で便を外に出してしまう過程で、善玉菌、悪玉菌関係なく便と一緒に排出されてしまいます。

悪玉菌も実は重要です!

別に悪玉菌が排出されれば、いいのでは? と思うかもしれませんが、実はお腹の中は悪玉菌と善玉菌が常に拮抗している状態というのが望ましいのです。悪玉菌のみでも、そして善玉菌のみでも腸内環境には非常によろしくないのです。

薬で便秘を治してしまうと、善玉菌も悪玉菌も一生に排出されて、お腹の中の菌の量が減ってきてしまいますので、さらに腸内環境がおかしくなってしまうのです。

抗生物質を飲んだことがある方ならわかると思うのですが、抗生物質を飲んだ後、高い確率でお腹の調子がおかしくなります。それは抗生物質が腸内の善玉菌も悪玉菌も関係なく殺してしまうので、腸内環境がおかしくなり、腹痛などの原因になるのです。

つまり、便秘などは薬を使わず、自然に治していくことで、便秘になりにくい体になるのです。そのためには、乳酸菌を多く含んでいるコンブチャはすぐれていると言えるのです。

まとめ

便秘を治すにはコンブチャが効果があります。コンブチャは、モンゴルが発祥の発行ドリンクで、乳酸菌をはじめとした善玉菌を多く含んでいます。善玉菌を多く腸内へ入れることで腸内環境は整い、快便になります。

しかし、薬と比べると快便になるまでの期間がどうしてもかかってしまいます。だからと言って薬ばかりに頼ってしまいますと、薬に体がなれてしまいますので、次第に効果がなくなるどころか、腸内の善玉菌、悪玉菌、関係なく体外へ排出してしまうので、結果的に便秘気味になりやすくなります。

Pocket