Pocket

コンブチャの健康成分にはポリフェノールがあります。ポリフェノールと聞くと健康に良さそうな成分ですが、どのように健康にいいのかといわれたら、正直よくわからないとなる方が多いはずです。今回はコンブチャの有効成分であるポリフェノールについて紹介をしていきます。

コンブチャとは?

コンブチャとは、日本でコンブチャといえば、昆布茶ですが、これとは全く異なり、紅茶キノコ」といった方が知っている人の方が多いと思われます。モンゴル発祥であると言われていますが諸説あり、紅茶を紅茶キノコの菌で発酵させることで完成します。

コンブチャですが、日本では1970年代に一度大ブームとなりました。しかし、甘い紅茶の中に紅茶キノコの株を入れて発酵させることで完成となるのですが、衛生環境についてよく考えずに発酵させたばかりに、余計な細菌が繁殖してしまい、その結果、食中毒などになり、日本でのブームは去りました。

近年、アメリカの女性セレブや女優の間で健康や美容に効果があるとして、注目をされ、紅茶キノコからコンブチャと名前を変えて日本に再上陸しました。衛生環境が整っている工場で作られており、ダイエット効果を上げる栄養素や酵素などが添加されていますので、市販のコンブチャはデトックスからダイエットまで使える万能ドリンクです。

味に関しても、ジュースのようなものからお酢のように酸っぱいものまで幅広くあります。

コンブチャ、紅茶キノコですが、発酵の過程で微生物によって栄養が分解されて新しい栄養や、お腹に優しい乳酸菌などが作られていきます。ポリフェノールに関しては、原料の紅茶にたっぷり含まれている健康成分です。

ポリフェノールとは?

ポリフェノールですが、苦味、渋味という味が特徴です。自然界にポリフェノールは約4000種類以上存在していますが、基本的に植物に含まれています。このポリフェノールですが紫外線などのダメージから植物を守る成分であり、若い細胞の生成効果というのも期待されています。

アンチエイジング効果

ポリフェノールには強い、抗酸化作用があるのです。この抗酸化作用ですが、人間の老化防止にも効果を発揮します。人間は加齢や過度にストレスを感じた場合、活性酸素というものが体内で作られます。

この活性酸素は体外から侵入してきた細菌を殺菌するための免疫機能などのですが、過剰に作られ過ぎてしまうと、今度は健康な細胞まで攻撃をしてしまい、その結果として細胞が老化していきます。

その対策として抗酸化作用のあるポリフェノールのようなものを摂取すると、活性酸素は抗酸化成分と優先的に結合するので細胞に悪さをすることなく体外に排出することが出来ます。

コレステロール値の減少効果

コンブチャに含まれているポリフェノールに関しては、コレステロールの減少効果を期待することが出来ます。つまり、体内に脂肪が吸収されるのを防ぎます。

体内のコレステロール値が減少することで、動脈硬化や血管内に血栓ができるのを防ぎます。

血糖値正常化の効果

ポリフェノールには血糖値の正常化効果があります。

これに関してですが、血糖値が急激に上昇するとインスリンが過剰に分泌されます。その結果、今度は血糖値が急降下します。この血糖値の乱高下が激しくなると、人間はすぐに空腹感を覚えてしまい、常に血糖値を高い状態に維持しようとします。この状態が過度に続くと、糖尿病などに発展することがあります。

アンチエイジングと生活習慣病予防に効果的

これらのことから、コンブチャのポリフェノールに関しては生活習慣病の気になる方、特に内臓脂肪によりポッコリでてしまったお腹を持っている方にとっては、そのお腹をひっこめる効果も期待できます。

また、高い抗酸化作用の効果からアンチエイジング効果も期待することが出来ます。

まとめ

コンブチャは、紅茶キノコという紅茶に紅茶キノコの菌を入れて作る発酵ドリンクです。紅茶を使用していますので、豊富にポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールですが下記の効果があります。

  • 抗酸化作用(アンチエイジング効果)
  • コレステロール値の減少
  • 血糖値の正常化

これらの効果があり、ダイエットや健康維持に関しては極めて効果があります。

Pocket