Pocket

graphbar128_128コンブチャには酵素が含まれているものが多くあります。そしてコンブチャには多くの善玉菌が含まれていますので、コンブチャを飲むことで消化吸収機能が改善します。また多くの酵母菌を含んでいますのが、この酵母菌はどのような働きをしてくれるのでしょうか。

コンブチャと酵素

コンブチャといえば、日本人は昆布茶のほうを思い浮かべますが、これは間違いです。日本では1970年代に流行した紅茶キノコがコンブチャにあたります。日本では、自宅で紅茶キノコを発酵させて作っていたのですが、この発酵の過程で余計な雑菌も繁殖してしまい、その結果食中毒になるなどしてブームがさりました。

そして、現在、アメリカでブームとなり、コンブチャという名称で日本へ再上陸したのです。

コンブチャには酵母菌という発酵を促す菌類が含まれており、これが発酵することで酵素を作り出します。コンブチャにはトルラ酵母菌とパン酵母という2種類の酵母菌が含まれています。この2種類の酵母菌に関しては、プレミアム酵母菌と呼ばれています。

トルラ酵母菌

トルラ酵母菌に関しては、肝臓の薬として日本の市場にあります。トルラ酵母による酵母エキスにはグルタチオンという成分が豊富に含まれています。このグルタチオンというのは一般的に活性酸素を取り除く働きや、解毒作用というのもあります。

例えば、アルコールを多く飲みすぎたときには、グルタチオンを多く含む牡蠣を食べるとアルコールという毒物を体外に排出し、肝機能を高める効果があるのです。コンブチャのデトックス効果を高める一つの要素としてトルラ酵母菌があるのです。

また、美白効果に関してもグルタチオンというのは期待することができるのです。グルタチオンには活性酸を除去する抗酸化作用が強くありますので、アンチエイジングにも効果を発揮するのです。

パン酵母菌

パン酵母菌に関しては体内の炭水化物と糖質、脂質と反応することで燃焼を促す効果がります。

体内の燃焼とデトックスを補助する酵母菌になります。美容にも効果があり、近年ではオールインワンジェルなどの化粧品に添加されています。

消化吸収機能の改善効果

コンブチャにはたくさんの酵母が含まれているので多くの酵素を体内に取り入れることができます。そして、これらの酵母というのは食べ物の消化吸収を助ける働きというのがあります。

人間は食べ物を消化するために消化酵素を分泌させるのですが、元から酵素が入っていれば、通常の消化酵素の量でいつもより多くの食べ物を消化吸収することが可能です。

また、善玉菌もコンブチャには多く含まれていますので、腸内環境の悪化とともに衰える傾向のある消化吸収能力を善玉菌優勢の状態へもっていくことで、消化吸収能力が改善されますので、少ない食事でちょうどいい栄養を摂ることができます。

前述のパン酵母のように特定の栄養素の燃焼を助ける作用がある酵母や酵素が含まれていますので、最近のおなかの調子がよろしくないという場合、コンブチャはそれらの悩みを改善する効果があるといえます。さらに新陳代謝もアップしますので、基礎代謝能力があがれば健康的に痩せやすくなるといっていいでしょう。

まとめ

コンブチャには酵母菌や酵素が多く含まれています。酵母菌の1つであるトルラ酵母菌が分泌する酵素のグルタチオンに関しては、体内の毒素を排出する効果があり、アルコールなどの毒素を体外に排出しやすくなり、肝臓を守るため、二日酔いの際にはコンブチャは効果的です。

また、パン酵母菌に関しては炭水化物や脂質、糖質などと結合することでそれら栄養素の燃焼を促しますので食べ過ぎた場合、余分な栄養素を燃焼してくれます。さらに酵素は新陳代謝を活発化させますので、ダイエット効果にも優れているといえます。

Pocket