Pocket

snowman128_128冷え性ですが、女性の多くが悩んでいるのではないのでしょうか。西洋医学的には病気とし認められていない冷え性ですが、東洋医学ではきちんと治すべきものとされています。そんな冷え性の改善にコンブチャは実に効果的です。コンブチャの冷え性改善の効果効能を紹介します。

冷え性とは?

冷え性は、末梢血管の血行不良などが原因で起こるとされるものです。手や足の先などが冷たくなる症状ですが、西洋医学的には病気とはされていません。逆に東洋医学的には治した方がいい症状です。

冷え性は放置していても、命にかかわるようなことはありませんが、例えばムクミの発生原因になったり、胃が冷えて胃痛になってしまう、または神経痛や便秘、肌荒れになったりと女性にとっては放置していて面白いことはありません。

予防方法に関しては生活習慣や食生活などをすることが一般的です。そして、コンブチャは冷え性改善にとても効果のある飲み物です。

コンブチャと冷え性

コンブチャとは、紅茶キノコがアメリカに輸入されブームになった際にコンブチャと名前が変わり、それが日本へ再上陸をしました。日本では1970年台に一度ブームになったので、コンブチャというよりも紅茶キノコといった方がわかりやすいかもしれません。

このコンブチャですが、冷え性改善に効果があるものとされています。これは、コンブチャに下記の成分が含まれているからです。

  • 酢酸
  • ビタミンB群

この2つの成分の他に、販売されているコンブチャにはトウガラシなどを含んでいることがありますので、販売されているコンブチャは自作のコンブチャよりもさらに冷え性改善の効果を発揮することでしょう。

酢酸

コンブチャは紅茶を利用した発酵ドリンクです。

お酢などに含まれている酢酸ですが、これは体内に入るとアデノシンという成分に変化します。このアデノシンは、血管を拡張する効果を持っています。

冷え性の原因の1つは、血液の流れが悪くなったからこそ起こる症状であり、血管の拡張効果のある酢酸は冷え性改善に効果があるといえるのです。

ビタミンB群

コンブチャには、ビタミンB群が含まれています。

ビタミンB群とは、つまり、複数のビタミンBのことなのですが、ビタミンB群の中のビタミンB1は、血行不良を改善する効果を持っています。

また、ビタミンB1は更年期障害の諸症状を緩和する効果というものがあります。更年期障害の1つに体ののぼせや冷え性があるのですが、更年期障害からくる冷え性などの改善にも、コンブチャは効果を発揮するといえるのです。

自作よりも市販のものがおすすめ

コンブチャは、紅茶キノコの株と紅茶があると自作することができるのですが、市販のコンブチャの方が冷え性改善に効果があります。

その理由として、冷え性改善にはビタミンB群や酢酸を摂るのも重要ですが、なによりも体を温める効果のあるものと一緒に摂取するのと、冷え性の改善効果は高くなります。

そのため、市販の様々な栄養素が含まれているコンブチャの方が冷え性改善に高い効果を発揮します。

まとめ

コンブチャには、冷え性改善効果があります。

冷え性の原因は様々ですが、血流の流れが悪いというものがあります。しかし、コンブチャに含まれる酢酸やビタミンB群は血管を拡張する効果を持っています。

そのため、コンブチャを飲むことで血管が拡張され、冷え性が改善します。

また、体を温める効果のあるトウガラシなどが含まれた市販のコンブチャを購入して飲むことをおすすめします。

Pocket