Pocket

attention128_128コンブチャの効果効能の1つに眼精疲労改善効果というのがあります。眼精疲労はデスクワークをしている方にとってはどうにかしたい問題の1つであることはないのでしょうか。眼精疲労が原因で頭痛をはじめ、肩こりなどにもなる可能性があります。このようになってしまうと仕事どころではなくなりますので、早期にコンブチャを飲んで治してしまったほうがいいでしょう。

コンブチャとは?

コンブチャですが、日本人としては紅茶キノコといったほうが通じる人がいるかもしれません。1970年代に日本の各家庭でブームとなったのですが、自作をすることができることから自作をして、発酵の過程で雑菌が繁殖して食中毒の原因になるとしてブームが去ったものです。

アメリカのセレブの間で、健康やダイエットに効果があるとしてブームに火が付き、日本にコンブチャという名称で再上陸をしています。なぜコンブチャになったのかはよくわかっていませんがコンブチャ=紅茶キノコです。

味に関してはとても甘いものから酸っぱいものまで幅広くあります。不思議な味がして飲みにくいということはありません。微炭酸で寝る前に飲むとよく眠れる効果もあります。

コンブチャの眼精疲労改善効果とは

では、コンブチャの眼精疲労改善効果についてですが、眼精疲労改善に効果がある栄養素には、ビタミンB1、B2、B6、B12などがあります。これらをひとまとめにしてビタミンB群といいます。

コンブチャにはこのビタミンB群が豊富に含まれています。また、市販のコンブチャの中にはビタミンCが含まれているものもあるのですが、ビタミンCに関しても眼精疲労改善の効果があります。

ビタミンB群の眼精疲労改善効果の理由

ビタミンB群は疲労回復ビタミンとも呼ばれており肉体疲労をはじめとする疲労改善にとても効果があります。

そして、ビタミンB1ですが、目の筋肉をほぐす働きを持っています。眼精疲労の状態では目の周りの筋肉が緊張をして固くなっているので、それをほぐすことで無意識に使用している目の周りの筋肉疲労を改善させることができるのです。

さらに、ビタミンB12に関しては、視神経という目の神経の働きを高める効果効能があります。そのうえでビタミンB1とビタミンB12の相乗効果により、眼精疲労の軽減のほかに視力の低下を防ぐ効果があるわけです。また、ビタミンB2に関しては視力の回復のほかに目の充血を改善させる効果があります。そのうえで、過度にビタミンB2が不足すると、それが原因で疲れ目をはじめ、角膜炎、結膜炎のような大きな病気の原因になる可能性もあります。

ビタミンB6に関しては、水晶体と毛様筋という目の調節機能の働きがあるものの主成分になるたんぱく質の体内への吸収には必要不可欠の成分です。これが不足することで最悪目に炎症が出てくる可能性もあるのです。

ビタミンB群の相乗効果

ビタミンB群に関してですが、例えば、ビタミンB1のみを摂取するよりは、ビタミンB群としてビタミンB1、B2、B6、B12などを同時に摂取した方が、相乗効果により、1つずつ取るよりも効果が倍増する能力を持っています。

また、大量に摂取しても中毒症状などを起こすことがなく、水に溶けやすい水溶性のため、過度に摂取した場合は、汗や尿などに交じってすぐに体内から排出されます。これはメリットでもあるのですが、体内にビタミンB群を蓄えることができないというデメリットでもあります。つまり、毎日コンブチャを飲んでビタミンB群を摂取し続けなければならないというわけです。

まとめ

コンブチャの効果効能には眼精疲労改善効果があります。眼精疲労の原因としては、目の周りの緊張などがあります。

これらの改善にはビタミンB群が非常に効果を発揮します。ビタミンB群は複数のビタミンB群のビタミンと一緒に摂取することで相乗効果により効果を強める傾向がありますので、コンブチャを飲み一気に摂取してしまったほうが効率的です。

Pocket