Pocket

girl128_128アメリカで人気沸騰中のコンブチャには、日本人の女性を悩ませるムクミを改善させる効果効能があります。このコンブチャとは日本で飲まれる昆布茶ではありませんのでご注意ください。今回はコンブチャでムクミが解消する理由を紹介していきます。

コンブチャとは?

コンブチャとは、日本で飲まれる「昆布茶」とは全く別物です。その正体は紅茶キノコというもので、日本でも1970年台に一度大流行をした発酵ドリンクです。

紅茶キノコはもともとモンゴルで発祥した飲み物で、ロシアで古くから飲まれていました。日本で一時期大流行をしたのですが、紅茶キノコを自作する過程で余計な細菌まで繁殖させてしまい、食中毒になるということでブームが下火となりました。

その後、アメリカに紅茶キノコが紹介されると、アメリカのセレブや女優を中心に「コンブチャ」という名前で大流行をして、日本に再上陸しました。自作した場合、余計な細菌の繁殖をも招いてしまいますが、コンブチャに関しては徹底した衛生管理のもとで作られていますので、安心して飲むことができます。

飲みやすいように味の改良もされています。

ムクミの原因

女性の多くが悩むムクミですが、その原因は下記のものが考えられます。

  • 長時間のデスクワーク
  • 冷え性
  • 塩分過多

長時間のデスクワークにて、ずっと座っていますので、そのため太ももやお尻の血管が圧迫されてしまい、血流が悪くなります。また、立ち仕事する方と比較をして、ふくらはぎの筋力が低下していますので、全身の血流の悪化へつながります。

冷え性は日本人の女性特有の症状とまで言われるのですが、冷え性は血流の悪化が原因で起こります。そして、日本人は他国と比較をすると塩分過多の食生活を送る傾向があります。そのため、他国と比較をしてもムクミになりやすいとも言われています。

ムクミとコンブチャ

ムクミを解消させるのに効果的な栄養素が「カリウム」です。カリウムは体内の塩分量の調整効果があります。しかし、カリウムは体内で作ることのできない必須ミネラルなので、食べ物を利用して体内へ入れる必要があります。

カリウムなどのサプリメントもありますが、ムクミ解消を考えるのであればカリウムを水分と同時に摂ることが重要です。体内に入ったカリウムは、余分な塩分と水分を結合させて体外への排出を促すのです。その結果として、塩分過多が理由のムクミの改善には極めて効果のある栄養素となっています。もちろん、摂りすぎはNGです。

また、コンブチャにはビタミンB群が豊富に含まれていますが、このビタミンB群は血液の流れを改善させる効果というものもあります。市販のコンブチャはそのほかに様々な栄養素が含まれていますので、冷え性の改善に効果を発揮するものもあります。

つまり、筋肉量の低下からくるムクミ以外はコンブチャを飲むことで比較的容易に改善することを期待することができるのです。コンブチャをいくら飲んでも筋肉は鍛えられませんので、つま先立ちで歩くなどしてふくらはぎの筋肉を鍛え足の血液循環能力を上げれば、むくみ知らずになる可能性が極めて高いといえます。

まとめ

女性の悩みの原因のムクミの解消に、コンブチャは極めて有効な効果を発揮します。

コンブチャには、カリウムという必須ミネラルが含まれているのですが、このカリウムというのは体内に入ることで、余分な塩分と水分を結び付けて対外へ排出するのです。日本人は塩分過多の食生活をしていますので、余分な塩分が原因のムクミは意外と多くあります。

また、冷え性もムクミを促す原因でもありますが、コンブチャに含まれるビタミンB群は血液の循環を良くするので、冷え性が原因のムクミの改善にもコンブチャは効果があります。

Pocket