Pocket

girl128_128コンブチャには、豊富な栄養素が含まれていますが、ビタミンCもその1つです。ビタミンCといえば、ビタミンの代表的なものですが、具体的にどのような働きをするのかいまいちわからない、という方は必見です。今回はコンブチャに含まれるビタミンCについて紹介をします。

ビタミンCとは?

ビタミンCは、科学的にはLーアスコルビン酸を指し、人間が生活する上では必要不可欠な栄養素です。このビタミンCが不足すると壊血病という病気を発症します。

この壊血症は、大航海時代の船乗りを悩ませた病気なのですが、ビタミンCが不足することで、体内でコラーゲンを作り出すことができなくなります。このコラーゲンというのは、皮膚の材料にもなりますし、筋肉や内臓にも欠かすことができません。このコラーゲンの繊維が少なくなってしまいますので、毛細血管から出血、歯茎から出血し、身体中の倦怠感や食欲不振、不眠症などに悩まされます。壊血の初期症状として歯肉炎などがあります。

ビタミンCというのは、人間の体内に蓄積しておくことができないビタミンなので、常に摂取する必要があるのです。不足をすると壊血などが起きますが、過剰に摂取しても特に問題はありません。異常に摂ったら吐き気や下痢、腹痛などの症状がありますが、普通に生活する上では、過剰に摂取しすぎることはないので心配はありません。

ビタミンCの働き

抗酸化作用

ビタミンCの働きとしては、抗酸化作用があります。人間はストレスを感じたり、紫外線にあたったり、タバコのような有害なものを摂取した場合、活性酸素というものが作られます。

この活性酸素というのは、細菌など酸化させて退治する人間の免疫機能の一つですが、過剰に作られすぎると健康な細胞まで酸化させてしまい、この結果として老化していきます。

ここで抗酸化作用のあるビタミンCを摂取すると、活性酸素はビタミンCと積極的に結びつくので、健康な細胞の酸化を防ぐことができ、老化予防になります。

コラーゲンの生成

ビタミンCの働きとし欠かすことのできないものが、コラーゲンの生成です。コラーゲンといえば、皮膚の下にある弾力のあるものですが、モチモチとした美肌には欠かすことはできません。

また、前述したように、コラーゲンが体内で生成されなければ、壊血症などになりますので、美肌のみならず健康維持には欠かすことができないのです。

鉄分の吸収を高める

鉄分は人間の体には必要ではあるものの、人間の体内では作ることのできない必須アミノ酸です。また、鉄分が豊富に含まれている食品を摂取しても、体内への吸収率というのはそこまで高くありません。

鉄分が不足することで貧血などを起こしてしまうわけですが、ビタミンCを摂取することで、鉄分の吸収率がアップします。

コンブチャとビタミンC

コンブチャは、モンゴルが発祥と言われている発酵ドリンクです。日本の昆布茶とは全く異なり、日本では紅茶キノコとして1970年代に流行したものの、自作をする過程で余計な菌が繁殖してしまい食中毒になるなどして、ブームは下火となりました。

近年、アメリカでブームとなり、コンブチャとして日本に再上陸しました。

このコンブチャは、紅茶を発酵させてつくる関係上、豊富なビタミンCが含まれています。近年、ビタミンCを食事によって摂取する量は減少傾向がありますので、サプリメントなどを利用して補給したいところですが、コンブチャに関しては、ビタミンC以外にも豊富なアミノ酸やビタミンB群などを含んでおり、さらには、乳酸菌なども含まれていますので、健康維持、美容維持に効果的です。

まとめ

ビタミンCが過度に不足すると、体内でコラーゲンを生成することができなくなりますので、壊血症などの病気に発展します。多く摂り過ぎてもそこまで問題のあるビタミンではありませんので、コンブチャによって補給しましょう。

Pocket