Pocket

fire128_128コンブチャがアメリカのセレブ達の間で人気になった理由は、美容と健康に効果があるからです。特にダイエットに関して、コンブチャは優れています。そんなコンブチャですが、ファスティングの際に飲むと痩せ体質になるかもしれません。今回はコンブチャを使ってファスティングをする際のコンブチャの飲み方について紹介をしていきます。

ファスティングとは?

ファスティングというのは、断食や絶食という意味の言葉です。本格的に断食をするのではなく、プチファスティングというのが一番効率が良くなります。つまり、週末とかを利用してファスティングをするわけです。

仕事中に空腹ですと、仕事の効率は確実に低下しますので、仕事に影響がないように週末を利用しておこないましょう。

このファスティングに関しては、プロの指導のもとで行うことで、体のデトックス効果を高めて余分な毒素を体外に排出することが出来ます。あくまでもプロの指導の下で行った方が望ましいのであり、素人が絶対にやってはいけないというわけではありません。

ただ、ファスティングは決まった順序を踏んで行わなければ、体調を崩したり、逆に太りやすくなったりするので、その辺は注意が必要です。

何も食べないのだから痩せるに決まっているのでは、と思うかもしれませんが、この何も食べないというのが曲者で、体が過度に栄養不足になりますと、体内に入ってきた食べ物から過剰に栄養を吸収するように体が進化してしまい、太りやすくなってしまいます。

ファスティング中にコンブチャ

ファスティングで厳禁なのが、空腹になることです。何を言っているのかわからないと思いますが、ファスティング中には一切の食べ物を口に入れないというのは逆効果になり、それでは前述の理由でリバウンドしてしまいます。

ファスティングをする際には、コンブチャを小まめに飲むようにして、酷い空腹感を感じないようにします。また、水分の補給というのも重要です。コンブチャに関しましては、デトックス効果が高い発酵飲料ですので、体の余分なものを体外へ排出するには非常に優れた飲料になります。

また、低カロリーであり、市販のコンブチャに関してはダイエットを促すような成分が添加されています。特にコンブチャクレンズに関して、この栄養素が豊富に添加されています。さらに、コンブチャは市販のスムージーよりも酵素やアミノ酸など体に必要な栄養素が含まれていますので、下手にスムージーや酵素ドリンクを飲むよりもファスティングの助けになります。

コンブチャを飲むペースですが、1日に5回~6回程度はコンブチャを飲み、空腹感を紛らわすのが重要です。それだけでは空腹感がまぎれないと思う場合は、コンブチャを炭酸水で割ると炭酸がお腹の中で膨張するので空腹感を抑えることが出来ます。

これを土曜、日曜の2日間続けることで、空腹感を感じにくくなります。長期の連休の場合はこれ以上の期間ファスティングを続行しても問題はありませんが、外出時などには体がついてこないことがありますので注意をしましょう。

重要な回復食

ファスティングでもっとも重要なのが回復期の食事です。回復期というのは、ファスティングが終わってから元の食生活に戻るまでの期間を指します。

ファスティングが終了してすぐに、例えば焼肉へ行ってしまうと胃が受け付けない、もしくは食べた栄養がすべて脂肪となって蓄えられてしまいます。

そのため、2日間ファスティングをしたのであれば2日間は回復食を摂るのが理想的です。

回復食に関してですが、固形物は避けてお粥などがいいでしょう。2日目に関してはうどんなどの柔らかく消化の良いものを食べるようにして、体を慣らしていくことが重要になってきます。

まとめ

ファスティングとは断食のことですが、一切の栄養素を体内に入れないようにしてしまうと体が飢餓状態になってしまい、食べ物からの栄養吸収率が高まり、太りやすい体質になります。

それを避けるために、コンブチャをファスティング中に小まめに飲むようにして、空腹にならないようにしましょう。コンブチャに関しては発酵ドリンクであり、体の毒素を抜く効果が非常に高いのです。

ファスティングが終了したら、回復期の食事に気を付けながら過ごすことで、体から毒素が抜けて新陳代謝が向上して、お腹などがスッキリします。また痩せやすい体質なる可能性もあります。

Pocket