Pocket

doctor128_128コンブチャの効果効能の1つにアトピー性皮膚炎の緩和効果があります。アトピー性皮膚炎の原因は体質や遺伝に起因するものと、環境に起因するものの2種類に大別することが可能ですが、コンブチャは環境に起因するアトピー性皮膚炎の緩和に効果を発揮します。その理由を今回は紹介します。

環境に起因するアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の多くは、乳幼児に発祥するものがあります。この場合は、年齢が上がるごとにアトピー性皮膚炎の症状は緩和していくのです。これは、遺伝や体質に起因するアトピー性皮膚炎です。

しかし、環境に起因するアトピー性皮膚炎の場合、例えば偏った食生活、運動不足などがあります。

こちらの場合は、下記のことが原因でアトピー性皮膚炎が悪化していく可能性があります。

  • 運動不足
  • 野菜不足
  • タンパク質の摂りすぎ
  • 便秘
  • 下痢

タンパク質の摂りすぎや運動不足、そして、便秘や下痢を頻繁に繰り返すことは、アトピー性皮膚炎の症状を強める原因になります。この理由として、アトピー性皮膚炎は、腸内の悪玉菌とは非常に関係があります。

腸内環境が悪い、つまり悪玉菌が多いと、悪玉菌が腸内から吸収されて体中にいきわたり、肌バリアを弱めていってしまいます。肌バリアが弱くなることで少しの細菌でも肌が過敏に反応してしまい、アトピー性皮膚炎のようになってしまうのです。

コンブチャとアトピー性皮膚炎

コンブチャは、日本では紅茶ドリンクと呼ばれて一時期大流行した発酵ドリンクです。紅茶を利用して菌を繁殖させるドリンクです。

特に、乳酸菌などの腸内環境を整えるいわゆる善玉菌が多く含まれています。そのため、便秘や下痢を頻繁に起こして、また偏った食生活および運動不足により腸内環境が悪化し、悪玉菌優位の腸内環境を善玉菌優位の状態に導く効果があります。

ちなみに、悪玉菌もお腹なの中には必要であり、大量の善玉菌を一気に摂取して悪玉菌を駆逐してしまうのも問題なのです。

そのため、薬のようなものに頼り大量に善玉菌を体内へ入れるよりは、コンブチャのような発酵ドリンクを飲んで少しずつ腸内の善玉菌を増やすというのが、アトピー性皮膚炎の改善には効果があります。

コンブチャを飲むほか行いたいこと

コンブチャを飲むことで、善玉菌を効率よく体内へ入れることができますが、コンブチャと合わせて下記のことをすることで、アトピー性皮膚炎の緩和効果が期待できます。

  • 運動
  • バランスのとれた食生活
  • 野菜を多めに摂る

コンブチャと合わせて、これらのことに気を配ることで、アトピー性皮膚炎の緩和効果を高めることができます。

運動はなるべくしたほうがいいのですが、食生活を変えるのが難しいという方は、サプリメントで足りていない栄養を補給することで、腸内環境の改善を図ることができるでしょう。コンブチャによって乳酸菌を摂っていくことが、きわめて有効的な腸内環境の健全化に効果があります。

まとめ

コンブチャは、アトピー性皮膚炎の緩和に効果があります。アトピー性皮膚炎の原因の1つが、腸内環境の悪化による悪玉菌優位の状態というのがあります。悪玉菌が優位な状態では、毒素が体内を循環しやすくなります。

その結果、肌バリアがもろくなってしまい、わずかなアレルゲンでアトピー性皮膚炎のような反応が起きてしまいます。

アトピー性皮膚炎の緩和には、腸内環境を改善化させて善玉菌優位の状態にすることが望ましいのです。

また、運動とバランスのとれた食生活を送ることで、アトピー性皮膚炎の緩和に高い効果を発揮します。

Pocket